Beautiful Human Dynamism in Business

ベルヒュード研究会

2023.12.6

井上 仁 加藤文男



年表  著書、論文 English V.

研究会の前史
  ベルヒュード研究会は、20世紀後半以来、世界的な競争環境の激変を予測し、日本の企業組織が本来強みとしてきた「ボトムアップ力」と「和と協調」を一体化した問題題解決力ある経営の実践研究に取り組んできました
 「ベルヒュード:Belhyud」は、
Beautiful umanynamism in Busin
ess」から命名しました。ビジネス世界の組織でダイナミックに生き生きと働くという意味を込めています。
 
 研究会は、コンピューター、インターネットの普及、Web・IT企業の進出といった経営環境の変化を踏まえ、経営トップのイニシアティブのもと、「世界No.1戦略目標」を設定し、多様な人材が情報を共有し、議論し、生き生きと働く創造的な小集団を「M5型組織」としてモデル化し、組織一体となって問題解決に取り組む「M5型問題解決技法」を「Belhud Solution
Techology P
rogrm
」として体系化しました。
 


社長から社員まで必携
ボトムアップ型「日本版6シグマ経営X」
ハンドブック¡
J・ウェルチの21世紀の生き残りをかけた、
「世界No.1,2戦略」への
6シグマ経営X」との天啓的な出会い
 
経済産業省
DX推進ガイドラインによる警鐘
2025年の崖」に応えて
「BESTプログラム」を核にした
ボトムアップ型「日本版6シグマ経営X」のハンドブック化


準備中


ボトムアップ型
日本版6シグマ経営X

日本の中小企業「コアレスモーター社」
「小型・高効率風力発
電機」を発表¡¡


世界の脱CO2、脱原発に向けて¡
BESTプログラム」を「道具」として
「社員、パートナー、顧客」一体となって
世界No.1
事業化戦略を展開¡
 

詳しくはこちら




 
ホオットコーナー
先輩の皆さんからの投稿

2022.9.11
特別寄稿
アルメニア共和国
中小企業振興研修事業への参画

今日のウクライナ問題を考える一端に!





ベルヒュード研究会
事務局
高嶋威男
OB達のつぶやき
担当
加藤文男 井上 仁