新連載
   
その1  管理の基本は5S


 品質管理、購買管理、工場管理、生産管理など「管理」と言う言葉は大変多く使われている。管理とは、目標とする物が、ある範囲から外れたり、外れそうになったら、原因を調べ、目標とするところへ入るように対策することである。野球のピッチャーのコントロールがいいという事は、ストライクゾーンを考えて調整して投げられる能力をいう。そのためには、当然あるべき姿、つまり野球で言うストライクゾーンが、明確になっていなければならない。管理図の例を取れば、管理限界線を予め決めておき(実際は、データから計算しておく)この限界線から新しく取ったデータが外へはみ出したり、データにある傾向が表れた場合は、工程に以上があると判断して、原因を調べ、その原因を取り除き、元の状態にもどす行動をとる。

 工場を管理運営する上の基本として、先ず言われるのは、整理、整頓、清掃、清潔、躾の5Sである。これは、工場が美しく整理整頓されておれば、工具が一つ忘れ去られても発見できる。小さなチリが落ちても直ちに分かる。工場の状態が、乱雑であれば、そこに少しの変化が現れても、発見することができない。整理、整頓、清掃されていれば、落ちたゴミは、整理、整頓、清掃された管理状態から外れた(異常が起きた)状態であり、少しのゴミでも変化として(異常として)捕らえられ、従って、対策も取られやすい。

 我々の健康についても同じである。人により、少々の差はあるが、体温は摂氏36度位である。もし、体温を測り38度が確認されれば、身体が平常とは違った状態にあることが分かる。病院で、最初に体温を測定するのは、異常な状態にあるかどうか見るためである。我々の体温の平均的な数値は、みんな知っており、測定した自分の体温と比較することで、異常か否かすぐに判断できる。

 工場内を整理、整頓、清掃された状態にすれば、先ず、見た目も美しく、通路を歩くにも邪魔になるものがなくなる。少しの変化でも異常でも、発生すれば直ちに発見できるようになる。当然、怪我や事故の発生も少なくなる。ここに5Sが必要な理由がある。管理は5Sである。


back