QCサークル発表に登場した6シグマ

 最近、ある企業のQCサークル大会に出席し、発表を聞く機会を得た。このQCサークル発表会には、海外の工場からも代表が参加していた。アメリカ工場の代表の例であったが、目標を達成するために「我々はシックスシグマ手法を採用している」との発表があり驚かされた。QCサークル大会での「シックスシグマ」の登場ははじめてのように思う。

 今回は、ブラックベルトの資格を持つグループリーダーが発表していたが、長期的に目標を設定し、メンバー全員にトレーニングを徹底し、日常業務も徹底した見直しを行い、改善をしたという内容であった。
 従来のピラミッド型の組織(階級的な組織)を、IT時代にふさわしいウエイブ組織(Web Organization)に変更し、メンバー全員が必要な情報を得られるようにネットワーク作りもし、最終的には、社外関連企業も巻き込んだサプライチェーンマネジメントに結び付けたいとしている。まだ始めたばかりであるが、今年の終わりには軌道に乗せたいと言っていた。
 アメリカにおいては、QCサークル活動そのものが少ないのでどのくらいのサークル数があるか不明だが、「シックスシグマ」の採用はどんどん進んでいるようである。


back