Beautiful Human Dynamism in Business

DXに対応した
日本版6シグマ実践研究グループ

ベルヒュード研究会




DXに対応した

新日本版6シグマ経営
ガイドブック

準備中
2022.8.21

 第1章
J・ウェルチの「6シグマ経営」との
感動的な出会い

 1
 「6シグマ」とは?
     「21世紀」の生き残りを賭け、
世界の企業が学んだ
J・ウェルチの「イニシアティブ・6シグマ経営」
 
(1)People Out
(2)Work Out
(3)IT時代の到来も見据えて
   J・ウェルチは、
「小さな会社の組織と経営」を手本にした!
   「6シグマ経営」は、
松下幸之助の「社員に夢と目標を託す経営」に通じる
第2章
日本企業の国際競争力
「世界N0,1」の地位奪還をめざして!
    日本企業のビジネス競争力
「世界No.1」から50位台以下へ悲惨な低落が続く!
    経済産業省
「DXガイドライン」を発表
「2025年の崖」を警鐘!
 3    J・ウェルチの「6シグマ経営」に再び学んで
ボトムアップ型「新日本版6シグマ経営」を提案!
第3章
ボトムアップ型
「新日本版6シグマ経営」
2大課題
 
  「People Out」
「M1型組織」から「M5型組織」へのモデルチェンジ!
  「Work Out」
「新日本版6シグマ」の道具
 簡便で確かな「BSTプログラム」の体系化!
 J・ウェルチの期待に応えられか?
第4章
「BSTプログラム」
による
ボトムアップ型「新日本版6シグマ経営」
への取組み方ガイド
     「BSTプログラム」のフローに沿って
「経営」と「各部門」が役割を分担!
第一段階
問題提起ラウンド
経営による
「新日本版6シグマ経営」の宣言  
第二段階
現状把握・具体策ラウンド
各部門による
「顧客の声:VOC」と「内部の不良要因:CTQ」の把握
「具体策」の収集とデータ化 
第三段階
基本的課題設定ラウンド
各部門による
「6シグマ戦略課題:SSP」の設定
第四段階
実行計画・進捗管理ラウンド
チーム・個人による
「6シグマ戦略課題:SSP」への取組み
「BSTプログラム」は
「Semi-Eexact Science」 として
 80点レベルの確さが期待できる手法!
   ボトム力アップに不可欠な
経営による
「新日本版6シグマインフラ」の整備




ベルヒュード研究会
事務局
高嶋威男

OB達のつぶやき

担当
加藤文男 井上 仁

お問合わせ先
〒241-0801
横浜市旭区若葉台2-7-1403
電話 090-3050ー3120
jin-inoue@belhyud.com
          
 back