今なぜ、自然やさい?

慣行・有機農法やさい
ふくしま自然農法やさい
作物

栽培方法

○色や形のいい野菜を早く収穫するため
 
窒素肥料過剰に投入する。
○野菜は窒素分をことごとく吸い上げ、
 葉に
「硝酸性窒素」の形で貯める。
過剰な窒素分を求めて虫や病原菌
 が集まるため、農薬を使用する。

○化学肥料有機肥料を使用しない。
作物は深い「団粒構造」の作土層に自
 力で根を伸ばし、微生物との養分の交
 換で育つ。
○農薬を使用しない。

○単一野菜の大量栽培が多い。

○家庭常備やさいをセットで混植する。

作物

特徴

「窒素肥料」を過剰に吸い上げ、葉物
 は濃い緑色を呈する。
○葉が軟弱で傷みやすい。
○冷蔵庫に保管しても劣化が早く、ドロ
 ドロになる。

○作物は必要最小限の「窒素分」しか摂
 らないため、「残留硝酸性窒素分」の
 濃度は低く、葉物は
色が淡く薄い、
 黄緑
を呈する。
○乾燥するだけで腐らない。
○水をやると生き生きとしてくる。

○ビタミン類などの栄養素の減少が見ら
 れる。
○美味しさに欠ける。

○成長に時間がかかる分、光合成時間も
 長く、細胞が緻密になり、シャキシャ
 キ感があり、香りもある。
○栄養分も高い。


過剰な施肥で育てた
「身体に負担の大きい作物」が市場に出回っている!

 「窒素肥料」の過剰投入でやさいに残留する「硝酸性窒素」が体内で「亜硝酸」に還元され、肉や加工品、乳製品等一般的な食材に含まれる「二級アミン」と反応し、アトピー性皮膚炎や様々な癌、糖尿病、高血圧、心筋梗塞等につながる恐れがあるとされる「ニトロソアミン」という物質ができます。
 しかし、「ビタミンC」があると、この反応は進まないことから、「ビタミンC」がたっぷりで、「残留硝酸性窒素」の少ない「やさい」を選ぶことが大切といわれています。


 

自然やさいで、
食からくる生活習慣病を改善できます!

 1977年、アメリカで報告された「食と生活習慣病」に関する「マクガバン・レポート」を背景に、新しい「酵素栄養学」が登場しました。
 
 「酵素栄養学では、安全・安心で「栄養分」や「食物酵素」に富んだ「自然やさい」を食べれば食べるだけ、「体内酵素」を本来の「消化・吸収細胞分裂生体機能調節」に有効に使うことができ、食からくる「生活習慣病」が改善されるとしています。