福島だてモデル農場
設営工事

伊達市は、日本有数の果樹・畑作地域


 伊達市梁川町は日本有数の果樹・畑作地域で、福島市街まで15km。福島盆地に位置し、内陸性盆地型気候。夏は猛暑が続き、冬は最低気温が厳冬期で氷点下5度程度。冬季の積雪は1〜2週間に一度10cm前後。年に2、3度は、20〜30cm程度の積雪がある地域です。





福島県議佐藤金正氏(左)を訪問

サトーファーム前で
伊達商事一条恒男氏、福島県議佐藤金正氏と一緒に


福島伊達農場の畑と周辺の風景









梁川町二野袋細尾内11番   638u

梁川町二野袋細尾内15番 1,179u

梁川町二野袋細尾内12番   793u

梁川町二野袋細尾内56番   769u

梁川町二野袋細尾内14番   545u

梁川町二野袋細尾内57番   763u




2016.9.22

除草
団粒構造の土壌づくりに疏水材として活用


地鎮祭


2016.9.22 〜 10.1
有材心土破砕工程

土壌掘削
第一掘削10p、第二掘削1m




土壌構造の確認
作土層の厚み、硬盤層の有無、心土までの深さ
地温測定




表面掘削土壌の埋め戻し


光合成菌の散布


断熱材での周囲の囲い込み


冬期栽培のための
深層土壌加温パイプの埋め込み


藁、草の埋め込み
「硬盤層、心土」を破壊し、
「疎水材」となる草やわらを入れ、
自然界の「疑似団粒構造」を作り出す


掘削土壌の埋め込み


ビニルハウスの設営工程












山川プログラム工程
硬盤層の煮出し上澄み液、
光合成菌、酵母菌の混合液の散布
ホメオパシー原理の応用
微生物の繁殖を妨げる
肥毒層の微量成分を散布し、
微生物本来の繁殖力を促進させる!






整地、播種工程