ふくしま自然やさいプロジェクト



    

 私達の祖先は江戸時代後期、二宮尊徳の教え「御仕法」のもと、天明、天保の飢饉で荒廃した「福島県双葉・相馬地区」の農村再興に尽くしました。 
 今日、この地の人々は首都圏に電力を供給する国策「原発」の犠牲となり、豊饒の地を追われ、再び離散を余儀なくされています。

 先祖伝来の「故郷の地の再生を!」と「フクシマからこそ、自然と一体となった安全・安心な農業への回帰を!」という願いを込めて、「肥料を使わない、農薬を使わない、耕かさない」を3原則とし、「団粒構造」の土壌をつくり、自然界の微生物と太陽の光で育てる「環境保全型フクシマ自然農法」を実践する「ふくしま自然やさいプロジェクト」を立ち上げました。


福島だてモデル農場を開設

 自然農法の「やぶ田ファーム」の指導、太陽光発電を推進する日本PVプランナー協会理事企業3社「渇。浜環境デザイン、潟rル技研、潟^デック」の協賛のもと、「環境保全型フクシマ自然農法」やさいを栽培する「福島だてモデル農場」を開設して戴きました。ふくしまからの自然やさいを 「100歳を元気に生きるマクロビアン自然やさいと命名しました。      





2018.11.26

日本自然やさい協会からの支援

 自然やさいの普及をめざす「日本自然やさい協会」の皆さんから「自然農法でフクシマ農業を応援する」という活動に賛同戴き、「ふくしま自然やさい友の会」を組織化して戴き,お客様へのPRに取り組んで戴くことになりました。