New BMM
日本版6シグマ
のための
BSTプログラム  

概論@
  発行日

あらためて 6シグマとは

07.04.11(加筆)

あらためて 日本版6シグマとは 
(1)Commodityj 時代の経営に貢献

06.07.23

(2)「VOC」を重視し、「CD」をめざす

06.07.25

(3)基本概念の定義

07.04.11(加筆)

(4)日本版6シグマツール BSTプログラム

06.08.05

(5)BSTプログラムの導入 3つのプロセス

06.08.05

(6)ジャックウエルチの「ビジネスは単純なのだ」

07.04.11(加筆)

(7)最近のジャック・ウエルチの6シグマについての発言

06.09.22

(8)ジャックウエルチの6シグマを成功させるためのリーダーシップ論 

06.10.31

6シグマ関連出版紹介(1)

07.05.19

6シグマ関連出版紹介(2)

07.05.19

M&A時代の日本版6シグマ

07.07.21

 概論A
  発行日

BSTの背景、定義、構成、4つの基本的プロセス

05.07.17

W型問題解決フローをベースにした「M5型問題解決技法」

05.07.27

「Work Out」プログラムで問題解決の筋道を学ぶ

05.08.02

@「Semi−Exact Science」としての「M5型問題解決技法」

05.08.06

A不可欠な「創造的情報処理能力」のレベルアップ (1)
  ・等価変換論
  ・問題意識の強さ
  ・情報の収集力とデータ化力

05.08.19

B不可欠な「創造的情報処理能力」のレベルアップ (2)
  ・情報を独断的にねじ曲げない力
  ・データの不十分さを補って読む力

05.08.31

C不可欠な「創造的情報処理能力」のレベルアップ (3)
  ・情報、データを弁別する力
  ・情報、データの本質を引き出す力
  ・情報、データ間の本質を同定する力

05.09.09

「People Out」プログラムで組織変革の道筋を学ぶ
  ・ベースとなる「M5型組織モデル論」
  
「M5型組織モデル論」による「People Out」プログラムの骨子

05.09.19

今なぜ、M5型組織なのか −行き詰まるM1型組織ー

05.09.27

ポスト「M1型組織」  問題解決力ある「M5型組織」へ

05.10.06

今なぜ、
M5型マネジメントなのか −マネジメント行動変革の必要性ー

05.10.26

組織モデルに対応した組織行動
M0型組織、M1型組織

05.12.08

組織モデルに対応した組織行動
M2型組織、M3型組織

05.12.13


back