急性循環不全について 


  残暑厳厳しい折、テニスでは早めに、電解質の入ったドリンクを十分に補って下さい。 ちょっとした汗で、1リットル、だらだらの汗で、2リットルの水電解質が血管内から、失われているようです。補充は電解質(大事なのはナトリウム、いわゆる塩ですが)の入った飲み物がよいです(点滴と同じです)。
お茶、真水では水分を補えても 、電解質を補充することは出来ません。つまり、電解質を含まない水は、いくら補っても 、血管の外にそのまま漏れてしまうために、血管の中の血液量は少ないままです。
 この状態で、アルコールを補充しますと、末梢の(手足の)血管は拡がりますから、拡張した末梢血管に血液を流すために、もっともっと、血管内を循環する血液量は少なくなる状態に陥ります。心臓はどんどん膊動して、末梢の血管まで、血液を送ろうとしますが、ご主人様の血管の中には、血液が足りない状態ですから、心臓もいい加減にしてくれと言うことになって、血圧が下がります。

 もしもこのような、状態になったら、できるだけ体の中心の内臓に血液をためるため に、足を上げたり、もしくは両足に、包帯を巻いて、足に行く血液を減らし、内臓の方に戻すようにすると、血圧は戻ってきます。これでだめなら、119番がベターで しょう。     (ドクター宮坂)


back