日米
GDPの推移比較
      

 新たな成長に向けて「第二変曲点」を意識した経営革新的な施策も、アメリカ企業の真摯な努力に比較すれば、日本は中途半端なレベルに終わってはいないでしょうか。
 この背景を明確にするために、東京研究会の加藤文男さんに「日米GDPの推移比較表」を作成して戴きました。


アメリカでは 
   
アメリカではダウ平均、ナスダック総合指数の下落等、経済失速を契機に、GEやモトローラ、デルコンピュータ、インテル等大企業の人員削減とともに新しいIT関連のベンチャー企業の誕生が急を告げてきている。
 
 今後のアメリカ経済の再建は、次の3本柱で進むだろうと予想されます。
 
(1)政府によるマクロ経済政策
(2)各企業各社の株価回復への努力
(3)プライベート・エクイティ・フアンドから
   のリスクマネーを引き込んでの新しいベン
   チャア−企業の進出
 
 中でも、ITがらみのナレジマネジメントによる知恵創出の経営によって、(2)は大きな成果を上げるに違いありません。
 このことは、確実に大量の雇用の放出を生み出します。それを政府の施策やベンチャー企業によって吸収していくという図式です。 

日本では
 日本の場合はどうであろうか。政府、企業とも、日本経済が1996年に「第一変曲点」を迎えたという認識が曖昧です。
 特に従来型大企業を中心に、事業の絞り込みや、過剰人員、設備や債務の処理といった「後始末的な施策」が必ずしも十分でありませんでした。カルロス・ゴーンの日産自動車のリストラ施策が、大変な反響を呼びましたが・・・。

 新たな成長に向けて「第二変曲点」を意識した経営革新的な施策も、アメリカ企業の真摯な努力に比較すれば、中途半端なレベルに終わってはいないでしょうか。


日米GDPの推移比較表

 この背景を明確にするために、東京研究会の加藤文男さんに「日米GDPの推移比較表」を作成して戴きました。


 1980年代に入って、日本経済は品質管理のレベルの高さでアメリカに追随し、すぐにでも追いつき追い越すところまで行きました。

 1986以降の上昇カーブ通りに行けば、そして、アメリカの自信喪失がそのまま推移すれば、確かに90年に入ってすぐにでも、アメリカに追いつけるカーブが読みとれます。
 しかし、現実には米国は立ち直り、日本は96年以降、顕著な凋落一途のカーブをたどり続けています。   


Back