日本版6シグマ
最新体系
連載
産労総合研究所

整備中
 第三ラウンドに入った「日本版6シグマ」

@ 今なぜ、「日本版6シグマ」なのか。 
 ○はじめに
 ○経営戦略転換のための「6シグマ」
  ・不可欠な第一、第二変曲点の認識
  ・再びアメリカに学ぶ時
  ・アメリカの「6シグマ」誕生の背景
  ・GE版6シグマの2本の柱 People Out, Work Uut
  ・日本版6シグマの提案      

A「日本版6シグマ」のためのガイドライン
 ○GQの追求
 ○COPQの認識
 ○VOCの重視
 ○CTQの絞り込み
 ○SSPの設定

B「日本版6シグマ」展開フロー
 ○6シグマ導入目的の明確化
 ○NO.1、2戦略に基づいた6シグマの展開
 ○6シグマ課題の設定
 ○6シグマ課題への取り組み
  ・Work UutのためのBSTプログラム
  ・People OutのためのM5型組織モデルの追及  

C「6シグマ課題」への取組み
  
Work Out@
 ○「Critical Ttinking Approach」の重視
 ○「DMAIC」と「PDCA」との違い
 ○「DMAIC」に代わる「W型累積問題解決フロー」
 

D「6シグマ課題」への取組み
  
Work OutA 
 ○「問題提起ラウンド」の重視
  ・経営方針のアセスメント
  ・No.1、2戦略の明確化
  ・6シグマプロジェクトのステートメント化

E「6シグマ課題」への取組み
  
Work OutB
 ○「COPQ」の大きさの認識を出発点として
  ・目に見える「COPQ」は氷山の一角
 ○「VOC」から「6シグマ課題」のマトを絞り込む

  ・パレート図による「VOC」の層別
  ・アナログ情報処理による「VOC」の本質的把握

F「6シグマ課題」への取組み
  
Work OutC
 ○「CTQ」の絞り込み
  ・問題点全体の把握
  ・問題点の評価
  ・重点問題点の絞り込み

G「6シグマ課題」への取組み
  
Work OutD
 ○「SSP」の設定
   威力を発揮するKJ法
  ・具体策のデータ化、グルーピング
  ・具体策の表札づくり、図解化
  ・「SSP」の絞り込みと再ステートメント化

H「6シグマ課題」への取組み
  
Work OutE
 
○「Semi-Exact Science」としてのBSTプログラム
  ○IT時代、多様で曖昧な情報の氾濫の中で
  いかに価値ある「知力」を創造することができるか
  ・問題意識の強さ
  ・360度から情報を収集する
  ・情報を捻じ曲げない
  ・情報の不十分さを補って読む
  ・情報間の意味の違いを弁別する
  ・情報間に共通する本質を同定する

I「問題解決力」のある組織づくり
  People Out @
 
○問題解決型組織への風土改革
   日米企業に伝統的な組織の否定
  ・年功序列も終身雇用も崩れた日本企業
  ・過剰社員と行き詰った事業のリストラは進んだが
  ○日本版6シグマは
   Work Out・People Outの両輪で
   これ以上の非効率とロスをなくすこと!

J「問題解決力」のある組織づくり
  People Out A
  ○組織のモデル化
  ・指示統制型のM0型組織
  ・タテマエ中心の協調第一のM1型組織
  ・M1型組織の行き詰り
  ・好き嫌い人間の登場
  ・羞恥心人間の登場
  ・ポストM1型組織
   問題解決力のあるM5型組織
  ・日本版6シグマはM5型組織づくりから

K「問題解決力」のある組織づくり
  People Out B
 
○「Work Out」から「People Out」課題を探る
  ・「M5型組織」づくりに不可欠な「2つの基本的力」
  ○組織行動変革課題の診断
    ・M0〜M5型組織マネジメント行動
 M5型組織マネジメント行動の本質    

L「組織の自律的、継続的変革」をめざして
 「
日本版6シグマインフラ」の整備・運営
  ○2つの日本版6シグマインフラ
  ・MBO
  ・EBC
  ○3つのコアコンピテンシーの評価
  ・自己啓発管理
  ・キャリア開発管理    
  


日本版6シグマ
支援フロー


整備中

上海の日系S有限公司を視察して

M&A時代の「日本版6シグマ」の位置づけ

中国ビジネス成功のために
「日本版6シグマ」の再構築を!


   back