白鳥の飛来
(1)

福島県浪江町立野
04.1.5

この正月、福島の母を訪ねました。今年91歳で、耳が遠くなっていますが元気です。広い田舎の家に長男の嫁と二人で住んでいます。近くの親戚の皆さんに、母をよろしくと、三人で年始の挨拶に回りました。
隣町の川久保さんは母の実家ですが、子供の頃、従兄弟と一緒に遊び回った家の前の広大な水田には、「稲作不耕起栽培」のための「冬季潅水」で水がはられています。この水田に、三年前から大白鳥が飛来するようになりました。今年は、1月5日現在で、33羽を確認できました。母の甥の川久保昭治さん(私の従兄弟)によれば、上 等なコシヒカリをえさにやっているので、コシヒカリにつられて来年はもっと沢山の大白鳥がやってくるとのことです。


次へ