山梨県韮崎
       願成寺重要文化財
住職に宝物殿を案内して戴きました。観世音菩薩像の二段折返しの腰の左方へのひねりが印象的でした。 



願成寺は武田信義が藤原末期に中興開基し、その菩提所とした寺。 中尊は木造阿弥陀如来像、左脇侍は観世音菩薩像(中尊に向って右側) 立像。造高169.7cm。両手を屈臂して蓮台をささげるかたちを示し、左肩より右脇に条帛をかけ、天衣をまとい、裳をつけ、二段折返しとして腰をわずかに左方にひねる。右脇侍 勢至菩薩像(中尊に向って左側) 立像。像高168.5cm。両手を屈臂し合掌する。左肩より右脇に条帛をかけ、天衣をまとい、裳をつけ、二段折返しとして腰をわずかに右方にひねる。

 back