市原市
重要文化財 阿弥陀堂


房総CCでのゴルフの行き帰り、297号線沿いに見える西願寺阿弥陀堂に立ち寄りました。案内によれば、阿弥陀堂内の上部は全て金箔塗り、下部は朱塗でまばゆいばかりであったことから、平蔵の光堂と呼ばれているそうです。城主・平将経が鬼門守護のために建立し、1495年、鎌倉の名人大工・二郎三郎により建立されたとあります。



back