環境保全型
フクシマハウス自然農法
展開構想固まる
福島だて農場設営へ!







第一ステップ 平成14、15年 
これまでの福島県への提案、第一拠点確保までの経緯
@

宮城県の復興再生農業
亘理・山元町の大規模イチゴハウス農業を範として

14.12.24
A

福島県相馬市
NPO法人ワークシエアリングを訪問

11.09
B

福島県への働きかけ

○福島県佐藤金正県議を訪問

15.06.17

○JA伊達みらいを訪問

○福島県農林水産部を訪問

C

フクシマ再生農業支援プロジェクトとして
日本太陽光発電プランナー協会理事企業3社の協賛体制固まる!

福島県内の「空き農地」の提供者を募集しています!

15.10.01
D

佐藤県議から「サトーファーム」が
「環境保全型フクシマハウス自然農法」の受け皿となる提案を戴く

10.01

第ニステップ 平成15年、16年 
福島県第一農場拠点 伊達市梁川に決定!
@

日本太陽光発電プランナー協会理事企業3社
やぶ田ファーム実証栽培プロジェクト」の見学

15.11.08
A

日本太陽光発電プランナー協会理事企業3社を推進母体として
福島県への導入・展開の基本計画を固める

12.08
B

藪田秀行さんにお出で戴いて

福島県内第一拠点づくりに向けた諸準備課題の明確化

16.01.27

農業法人の運営支援を担う「フクシマ再生農業プロジェクト」を設置

C

福島県第一農場拠点

○伊達市梁川に決定

05.08

いよいよ溝掘削とハウス建設! (藪田秀行)

05.10
D

第二農場拠点、第三農場拠点・・・の拡大に向け、
農家の皆さんの空き農地の提供、農業従事者としての参加をご案内します。

07.08 更新

福島県第一農場農地
伊達市梁川


第三ステップ 平成16年 
福島県第一拠点 福島だて農場設営準備に入る!
@

「第一拠点農場」の設営準備に入る!
参照「神奈川新聞」からの取材記事

2.09
A

福島第一農場「5ヶ年事業計画」の作成

野菜混植栽培モデル

3.23

初年度栽培・販売計画モデル

3.25
B

第一拠点福島だて農場運営法人の設立
発起人会議@

4.20

発起人会議A、B

5.19

「且ゥ然やさいファーム」の設立

7.07 更新