福島第一原発事故
原因究明から収束判断まで

細野原発相は、昨年9月19日の国際原子力機関(IAEA)での演説で、100度C以下の冷温停止状態を予定を早めて年内をめどに達成すべく全力で取り組むと表明し、12月16日には、政府が早々に「事故収束」を発表しました。
○本当に福島第一原発事故は収束したのか。
○4号機は依然として予断を許さない危険な状況にあるというが。
○「事故原因の真相」は究明されたのか。
○メルトダウンは、本当に「津波」で電源が喪失したためなのか。
○メルトダウンは、「地震」でパイプが破断し、漏水したためではないのか。


2011.3.11福島第一原子力発電所で事故発生
事故の発生状況から原因究明まで

(1)

福島第一原発
東電の危機管理経営に対して

2011.03.26
(2)

福島県浜通りを襲った地震・津波

09.18
(3)

実際の事故状況、原因の真相は?
あの時福島第一原子力発電所はどうなっていたのか?

福島第一原発事故原因の真相は?
4号機建屋の爆発原因は?

2013.08.20

事故調査委員会「最終報告」

(1)

事故は人災

2012.07.10

責任問題には敢えて触れない

08.13
(2)

「事故は人災」の背景
東電、保安院は安全を危惧する地元へどんな対応をしてきたのか

08.02

事故は収束したと言えるのか?
政府・東電、事故収束から廃炉までの「工程表」を発表
事故収束対策の進捗状況

12.04

福島第一原発の廃炉に向けて

(1)

政府が廃炉に向けた工程表発表 福島原発廃炉に30年以上
自治体責任者のコメント

2013.06.21
(2)

帰還の拠点づくりに向けた除染問題を考える段になって
4号機の現状は?

02.21
(3)

福島第一原発
廃炉技術を磨く場だ!

07.12
(4)

大量の汚染水が海に流れている問題

09.21 更新