インターネット社会の最大課題

個人の責任と見識を基本にした
情報発信と共有化をギャランテイーできる
組織体をどうつくるか!

E−Commerceの一つ
サプライチエーンマネージッメント

 より優れた商品をより低コストで、タイムリーに市場に供給できるようにするために、サプライアー・メーカー・問屋間の関係を、これまでの担当者レベルでの「
交渉型取引関係」からプロジェクティブな「提携型取引関係」に転換し、全体の最適化を追求していこうとする新しいソリューョンビジネスマネージメント技法です。


日本企業の
インターネット時代への対応力が心配
 第一に提携型取引関係を決心できる信頼関係をつくるため、第二に提携型取引関係の効率を上げていくためという2つの視点から、相互の「情報の開示と共有化」がポイントになります。
 インターネットやイントラネットシシテムの発展は、こうした関係構築をより容易にすると同時に、否応なしに促進する力を発揮します。しかし、従来型の日本企業のこうしたインターネット時代への対応力が心配です。

@先ず競合会社への秘密漏洩を恐れるあまり、情報を積極的に
 開示する事への躊躇があります。
A「
情報の開示と共有化」は、社員一人一人が個人の責任と
 見識で、相互にフラットでイーブンな関係の中から出発す
 るという原則を、多くの従来型の企業がなかなか容認でき
 ないのではないか。 


個人の責任と見識を基本にした
情報発信と共有化をギャランテイーできる
組織をどうつくるか

M5型組織モデルの提案
 「eビジネス」は、お互いフラットで対等な出会いを前提とした「主体的な情報の発信と共有化」によって進展します。このことは、インターネットによる情報交換によって、圧倒的に効率性の改善が可能になってきたことを意味しています。

 しかし、経営に関わる情報発信の責任の問題はどうなるのか、一体責任ある経営は可能かという問題がありあります。
 こうした視点から、ベルヒュード研究会は組織運営自体も見直す必要があるとして、「M5型組織モデル」を提案しています。
 
M5型問題解決技法の体系化を!
 問題は、組織として個人の責任と見識を基本にした情報発信をギャランテイーできる「STプログラム」をどう準備するかです
 ベルヒュード研究会は、経営や組織の方針や目標をよく理解し、多様な情報を多面的に収集し、そこからより確かな課題をつくり、全体で共有化し、確実にスピーディに実行できる力を持った組織を「
M5型組織」としてモデル化しました。

 さらに、この組織モデルが具備すべき武器を「M5型問題解決技法」と命名し、その体系化に取り組んでいます。 


back