Topick

企業トップ年頭の挨拶
「変革の世紀、勝ち残りをかけて」

日立製作所
「21世紀の勝者になれるかどうかは、ITが劇的に世界を変える、この10年が勝負。新時代の成長企業への変革を加速させよう。」

コマツ
「IT社会が進展すれば、フエース・ツー・フエースのコムイニケーションもますます重要になってくる。有形のモノだけでなく、知恵や気持ちを顧客に提供していく。」

新日鐵
「新たなビジネスモデルの創造が事業の正否を決める。」

トヨタ
「トヨタが発展し続けたのは技術の革新を重ねてきたから。グローバリゼーションも環境もITも、これらを舞台にした競争を勝ち抜くために最も重要なのは技術革新。

富士通
「昨年ネットバブルが崩壊したが、今までが過剰気味。熱が冷め着実な方向に向かうだろう。よい製品をより安く、より早くつくれる工場や組織再編に取り組みたい。」

丸紅
「IT革命の到来で、当社の興廃、この2年にあり。」

三菱商事
「新しい芽を摘んだり、出る杭を打ったりする前例主義や官僚主義等は、これからの三菱商事には全く必要ない。」

ダイエイー
「過去の仕事の進め方ややり方に句読点を打ち、本当にお客様のためにになることは何かを考え、実行してほしい。」

東京海上火災
「私たちは歴史上のターニングポイントに遭遇している。」

さくら銀行
「変化への対応が生き残りのキーワード」

出光興産
「前世紀はモノとカネの時代。21世紀は心の世紀」            (1月5日、各紙朝刊から)


 back