新連載
 その51     アラブの習慣と文化
      9 ストレス解消になったねずみとり


                  小さなねずみにはかわいそうだが 

 
中近東は、トルコなど一部の国を除いて観光には適していない。特に、最もイスラム教の戒律の厳しいサウジアラビアでは、イスラム文化の象徴であるメッカのモスクに、イスラム教徒でない我々は近づくことができない。町の一部には古い建物の遺跡がある程度であり、それも特に遺跡として管理されているわけではないので、観光の対象にはならない。海に囲まれて生活することが日常になっている日本人にとって、レクリエーションに相当するものは紅海での海遊びくらいのものである。しかし、その海遊びも内陸部にすむ人たちにはかなわない。少し変わったことが発生すると、それがレクリエーションの代わりになる。
 
 ある日の食事中、なにか動くものが視覚の中に入った。一度は目の錯覚かと気にとめずに食事を続けたが、また、動くものが目に入った。確かに何かいる。じっと息をつめて、目を凝らして見ると小さなねずみである。二十日ねずみくらいの大きさだが白くはない。いつの間にか部屋に入り込んでいたのだ。排水用の穴や建物の立て付けが悪いエアコンの取付隙間から入り込んだのかもしれない。簡単に入り込むのは、砂嵐の際の細かい砂だけではないようだ。
 サウジアラビアは、いつも乾燥状態で伝染病の心配はあまりない。病原菌もドライアップし、生きられないのかもしれない。しかし、ねずみは、別である。細菌や病原菌を宿しており、ペット代りに飼育するわけにはいかない。一匹見つかるということは、他にもいる筈である。ねずみ算式に増殖されてはかなわない。我々が部屋にいる時で際 このように出てくるのだから、不在の時はわがものがおに動き回っているにちがいない。これまでは、お菓子など傷まないものはテーブルの上に置いたまま出掛けていた。ねずみの食べ残したお菓子などを知らずに食べていた可能性もある。もう許せない。かわいそうだが、やっつけなければならない。

 我々の知らないところに入り口、逃げ道があるようだ。壁の隙間、エアコンの取付枠、排水用の小さな孔など、その気になって観察してみるとねずみが入れそうなところがいくつか見つかる。逃げられた孔や見つけた隙間を一つづつふさいで入れないようにする。サウジのねずみも結構すばやい。彼等も命懸けで逃げる。こんな小さな隙間と思われるところでも逃げ道になっているようだ。こちらも慣れていなかったので何度も逃げられた。孔や隙間をふさぐだけではだめなようである。なんとか掴まえて退治しなければならない。

 追い掛け回したあとは、しばらくは現れない。どこか他の家にえさをあさりに行くのであろう。しかし、しばらくするとまたやってくる。今度は何とかしたい。こちらもねずみの行動について研究する。部屋中の逃げ道を再度検討し、入り込んだ場合の追い込み方も研究する。
 ある日やはり食事をしていると動くものが視覚に入った。ねずみがやってきた。しばらく、気づかない振りをして、静かにねずみの動きを観察する。ねずみが侵入した孔からできるだけ離れるまで、じっと息を凝らして見守る。相当離れたとわかると静かにその侵入孔に、板を当てて出られないようにふさぐ。ねずみも気が付く。さっと入ってきた孔の方へ逃げる。しかし、板でふさがれている。ねずみもパニック状態になる。われわれは、静かに逃げ道とは反対の方へ追いやり、中央の部屋に誘導する。そして、ドアを閉める。中央の部屋には、逃げ道となる孔や隙間はない。ほうきやモップはこの時のために、この部屋に準備してある。さあ、ねずみとの戦闘開始である。
 しばらくはほうきで追いまわす。ソファーの下、本箱のかげと、ねずみは必死で逃げ回る。ほうきで叩こうとするがなかなか当たらない。ねずみが隠れるものがありすぎる。床の上にある椅子やごみ箱など追い回すのに邪魔になるものを一つづつテーブルの上に載せて、ねずみの隠れるスペースを少なくしてゆく。ソファーを動かし、本箱を動かし、追い回す。そして、何も置いていない部屋の隅に追いつめる。こちらも息をしずめる。狙いをさだめてほうきで押え込む。何度か失敗した後に、最後は掃除用のモップでとどめを刺す。

 小さいねずみにはかわいそうで残酷であるが、この処理は仕方がない。この時以来、進入用の孔は少なくしたが全部ふさぐのをやめた。しばらくするとまた別のねずみが現れる。滞在期間中、何度かこのねずみ退治で楽しんだ。進入用の孔や隙間が小さかったので大きいねずみは現れなかった。退治できる適当な大きさであったのが幸いであった。このねずみ取りは、レクリエーション変わりになった。休日など、みんながいる時間帯にねずみが見つかると隣人まで呼び出して、わいわい騒ぎながらのとりものとなる。友人宅によくねずみが出ると聞くと、休日はよく出掛けたものである。しばらくの間、ねずみ取りは最高のストレス解消策になった。


back