インターネット時代のナレジマネジメント
       
 
−共同執筆にあたって−


 お送りいただいた「人事マネジメント」の原稿をゆっくりと時間を掛けて読み終わりました。今までお聞きしていたことのまとめとして理解しました。また、私が仕事で現在行っている業務に利用させていただける貴重な資料であることも改めて理解できました。
そう考えますと、私は今回の論文に書かれていたことの一部を暗黙知の領域でやっていたのだと気がつきました。そう言う意味で、(私が担当する論文の部分は)私のの業務内容や会社の方針をご説明することで、(当)論文とのリンケージがとれそうです。
 ただし、細かい部分での整合性や接点についてはイメージできておりません。一度、私の方で井上先生からアドバイスいただいたことをまとめて、目次のようなものを作成してみます。それを送りした上で、ご検討をお願いすることになると思いますので、よろしくお願いいたします。(鈴木)


戻る。