中里さん
イタリア フィレンツエ便り

35 列車で”静寂の街”
コルトーナへ

10月29日(木)
今日は列車で”静寂の街”コルトーナへ。
フィレンツエ〜コルトーナ・カムチーアは1時間20分 。往復一人14.4ユーロ。
コルトーナ・カムチーア〜コルトーナは15分 。バス往復一人 2ユーロ。
フィレンツエ駅の切符売場は時間帯によってはかなり混んでいて、発車ぎりぎりで切符を買うのは心臓に悪い。行く場所が決まっていたら、普通列車の切符有効期限は2か月なので、前もって買っておいた方が良いかもしれない。

普通列車で注意するのは、下車したい時、ドアー横、右&左上のグリーンボタンを押さなければならないことだ。さもないと、待っていてもドアーは自然とは開かない。
たまたま、車掌さんがそばにいたが、そうでなかったら、我々はコルトーナ駅で大慌てするところだった。

バスでゆられて15分、コルトーナは中世さながらの町並みが残り、高台から見る展望が素晴らしい。今日はマルゲリータ教会からトラズィメーノ湖方面は靄がかかり、湖は見えなかった。通りかかった牧師さんに、”がっかりだ!”という顔をしたら、「イメージして御覧なさい、あそこにきれいな湖が見えますよ!」とにこっと笑った。

広場で、日本から絵を描きに来られた10名のグループに出会った。リーダーの先生はコルトーナが大好きで、景観だけでなく、住人が穏やかで、非常にフレンドリーなのが良いと絶賛!
私もコルトーナの人達の穏やかな笑顔が大好き、印象に残る良い街でした。

back