ブラックベルトって、早い話何?

CATはフルタイムで訓練された人と技術を6シグマに対して用意している。常雇いの従業員の1%を6シグマに今年投入している。それは、今までCATがやったことのないレベルのコミットメントである。
以下に記載されているのが、その位置付けと責任である。

チャンピオンの展開

6シグマ展開計画を所属のビジネスユニットのために開発し補正する。他のビジネスユニットとの連携を含めて、6シグマの支援と交流を用意する。
ビジネスユニットのリーダーは、プロジェクトの選定と優先順位付けや資源配分を行う。

マスターブラックベルト(フルタイムの献身的な人)
強力なリーダーシップと技術指導を用意する。
ビジネスユニット内で強烈な存在感を持つ。
迅速な補正を行う力を注入する能力を持つ。
ブラックベルトを訓練しコーチする。

ブラックベルト(フルタイムの献身的な人)
グリーンベルトを訓練しコーチする。
プロセス改善チームを引っ張って行く。
ビジネスユニットが改善計画の開発と補正にリーダーシップを発揮出来るように助言する。
6シグマの方法を利用し,共有する。
ビジネスの助けになるように、世界中の他のブラックベルトと共に働く。

グリーンベルト
6シグマのプロジェクトにおいて、ブラックベルトが手を伸ばしている特定分野の中でパートタイムで働く。
6シグマの方法を、日常業務の中に統合させて自分自身のミニプロジェクトを取り扱う。
イエローベルト(長期目標=100%全従業員)
訓練と継続的改善に対する貢献者を知っている。
必要に応じてパートタイムのチームメンバーになるマスターブラックベルトとブラックベルトはチャンピオンによって選抜され、社内のエキスパートとしてその組織のブレイクスルー戦略の知識を広める活動をする。
彼らは100%の時間を6シグマに捧げ、チャンピオンに改善対象のプロジェクトを明確化することを助ける。

何で"ベルト"を我々は必要としているのか?
6シグマを組織に持ち込む。
組織に積極的な変革を導入する任務を負っている。
6シグマの訓練者で組織の中の良き指導者

それで、一体これは何を意味するの?
重役のリーダーシップとチャンピオンは、何が成し遂げられなければならないかを決める。
マスターブラックベルトとブラックベルトは、フルタイムで働いてどうやって成し遂げられるか考え出す。

今我々はどの辺にいるの?
40人以上のチャンピオンが会社全体を通して6シグマを離陸させようと活動している。2001年末迄に600人のブラックベルトが選抜されCATで訓練される。
2002年末迄に1100人のブラックベルトが選抜されCATで訓練される。

back