書評
「困った組織と、どうつきあうか」

日刊現代
  組織といってもいろいろだ。あなたの会社の危険な性格を見抜け。どんな会社で
  も、6タイプのどれかにあてはまる。それぞれのタイプにあった処世術がある。
  あなたのやり方は、あなたの会社に合っていますか。

This is 読売
  会社、組織、学校、家庭には、「よい組織」と「困った組織」がある。後者を分析す
  ると、(1)唯我独尊の組織は、滅私奉公を求める、(2)タテマエ至善主義組織は、
  協調型人間集団になる。(3)好き嫌いを通させる組織は、ハミダシ、落ちこぼれ
  人間で手をやく。(4)羞恥心支配組織は、イチ、オリタ人間で形骸化する。(5)使
  命感組織は、自己主張型人間が登場する、の5つがあるという。実例が多く、開
  設は明快で、滅私奉公人間は使い棄てられる、など説得力がある。
  腰巾着でいくのも、タテマエと心中するのも選択、と著者は冷徹だが、まず60項
  目のチェックリストで所属組織を診断し、自分らしい生き方を再発見せよと説く。
  お勧めは、モノの道理を原則とし、環境の変化を受け入れ、自己決定能力、自
  律型人間集団の「よい組織」。そううまくいくかな。

東京新聞
  組織の中で自分らしく生きるヒントを提示する「困った組織と、どうつきあうか」が
  ダイヤモンド社から発売されました。現役ビジネスマンの目線で、現実の組織を
  6つのモデルにパターン化し、分類することによって、「いい組織」とは、「困った
  組織」とは、「組織の中の人間関係」などを探ります。

type
 
組織には、法則・ルールがあり、それぞれの組織にふさわしい「意識の持ち方」
  や「行動の仕方」が求められる。それを知らずに行動すると、思わぬとところで
  組織の壁や人間関係に悩まされることになる。
  本著では、日本の組織を6つに分類し、その組織モデルからそれぞれの組織の
  特徴と傾向をつかみ、その中で自分らしく生きる可能性を探るヒントを提示。「組
  織の法則」についての理解こそが、組織に生きる上で本質的なリーダーシプの
  原理・原則を身につける早道と言えるだろう。

人事マネジメント
  世の中の組織を6つの類型に分類し、組織とリーダーシップの原理原則を見い
  だそうと試みる。M−0型・・・良い悪いも右も左もすべての判断をワンマンが握
  る組織。M−1型・・・タテマエに従い、一直線の道を一丸となって進む経済成長
  期のスタイル。M−2型・・・一丸が陳腐化し、好き嫌いレベルによる参加を容認
  せざるを得ない組織。M−3型・・・受け身的に何でもこなすが、羞恥心が限界と
  なり、それ以上は拒むスタイル。M−4型・・・妥協を拒み、使命感のみで行動し
  、戦略性のないまま孤立、挫折するスタイル。M−5型・・・情報共有を前提とし
  た多様化対応型組織で、スペシャリストを活かすスタイル。
  著名にある「困った組織」と、どうつきあうかについては、目標とする組織モデル
  にどう向かうかによるとし、リーダーシップのバージョンアップを課題に上げてい
  る。
  組織の法則と課題を把握することで。、今後10年の打開策のヒントが見つかる
  としている。 

back