Beautiful Human Dynamism in Business

ごあんない

経営力の革新を
日本版6シグマツールで!


ビジネスのあらゆる業務場面で、
プロジェクト課題の設定と解決のプロセスを
支援します


ウエルチは経営力革新の武器として、
「GE版6シグマ・ツール」を位置づけました!

 企業や自治体は、顧客満足「ustomer elight)につながる商品やサービスを創造し、提供する力が問われています。問題は、トップの考えや目標のもと、現場のアイデアややる気を結集できる「経営の力」です。 


 GE社のジャック・ウエルチは、この「経営の力」を革新する実際的な武器として、「6シグマ・ツール」を取り上げました。「6シグマ」は100万回のオペレーションでミスはわずか3.4回というレベルを目標とするトップ主導型品質管理運動です。
 
 
1980年代後半、アメリカの企業は「日本企業の精密機械や車や電子機器等の品質は優れている。しかし、我々が製造分野のみならず、ビジネスのすべての業務分野で、組織を挙げ改善活動に取り組み、“Plan → Do →See”の管理サイクルを回すならば、日本企業に勝てる」として、「全社的な経営力革新運動」に取り組むことになりました。この代表例が、GE社の「6シグマ運動」です。

 ジャック・ウエルチは、「目標の設定とその達成に向けて!」というスローガンのもと、GE社のあらゆる業務分野で、社員一人一人のやる気やアイデアや知恵を最大限に活かす「全社的な問題解決力ある組織づくり」を主導しました
この「6シグマ運動」がもたらした利益は、1998年で15億ドルを上回る金額に達したと言われています。




ご案内
ジャック・ウエルチの「GE版6シグマ」をモデルに、
日本版6シグマツール「BSTプログラム」を体系化しました!

 ベルヒュードグループは、独自の「M5型組織モデル論」と「アナログ、デジタルビッグデータ処理技法」を一体化した「M5型組織問題解決技法」に、「6シグマ・ツール」の基本概念を組み込み、「日本版6シグマ」のための問題解決技法「BSTプログラム」を体系化しました。


 「日本版6シグマ」では、企業や自治体が製品やサービスを創造し、提供するプロセスで、経営が自らのリーダーシップで、あらゆる現場の「アイデアややる気を結集し、何をどう実現するか」を明確にした「6シグマプロジェクト目標:SSP」を設定します。

BSTプログラムフローに沿って
6シグマプロジェクト目標の実現に取組みます!
@顧客ニーズ「
VOC」を明確にする。
A組織単位で、克服しなければならない弱点「
CTQ」を絞り込む。
B6シグマプロジェクト目標として設定した「
SSP」を実現するため具体策
 「
S・SSP」をデータ化し、「実行課題」の全体を明確にする。
C各「実行課題」について、
“Plan → Do →See”の管理サイクル
 をまわし、極小のコスト「
COPQ」で「6シグマプロジェクト目標:SS
 P
」を実現する。


日本版6シグマ・ツール
BSTプログラムによる
プロジェクトマネジメントフロー

経営トップ
6シグマプロジェクトの設定
SSP

部門別重点課題の設定
CTQの絞り込み
S・SSP

S・SSP別
解決策サブS・SSPの設定
実行計画の作成

実行計画への取組み
「Plan→Do→See」
の繰り返しで
「COPQ」の極小化で
「SSP」を実現する。


ベルヒュードグループは、
日本版6シグマについて、主に次の3つの支援活動を行っています。
@ベルヒュードアカデミー主宰
 日本版6シグマプロフェッショナルの育成セミナー
Aお客様主宰
 日本版6シグマプロフェッショナルの育成セミナー
Bお客様主宰
 プロジェクトチームへのプロジェクトマネジメント実践支援

なんでも結構です。
気軽に、下記のフォーマットでお問合せ下さい。



お名前:

e-mail:

ご住所:


下記に、問い合わせ、要望事項等ご記入下さい。



back