ふくしま自然やさいプロジェクト

環境保全型
フクシマ自然農法




最新情報
2018.8
福島相双復興推進機構
双相地区の営農再開を自然農法で支援!



原発被災地
双葉・相馬地区の近世史を踏まえて!
(2015.05.06)

 原発事故被災地となった「福島県双葉・相馬地区」には、天明、天保の大飢饉に見舞われ、離散を余儀なくされたが、祖先は阿弥陀如来信仰一途に生き、働き、「二宮尊徳の「御仕法」に精励し、荒廃した農村の再生に尽くし、豊かな故郷の土台を築きあげた歴史があります。

天明の飢饉でとられた「相馬藩」の真宗門徒移民受入政策

再び天保の飢饉に見舞われたが、
「二宮尊徳」の教えのもと蘇った「福島県双葉、相馬地区」

国策「原発」の犠牲となって、
再び故郷を追われ、離散、流浪の生活となった故郷の人々


「3つの出会い」から
ふくしま自然やさいプロジェクトの立ち上げ
環境保全型フクシマ自然農法の普及を!
(2015.08.29)

 福島県は農業県。「やぶ田ファーム」の肥料や農薬を使わない「自然栽培」にラジアント社」の土壌加温システムを導入し、「有機JAS認証野菜」の高収穫をめざす農法をフクシマ再生農業と位置づけ、環境保全型フクシマ自然農法と命名しました。自然エネルギーの普及に取り組む「日本太陽光発電プランナー協会理事企業」の支援で、当農法を核とする「ふくしま自然やさいプロジェクト」を立上げました。

フクシマ再生農業としての
「環境保全型フクシマ自然農法!

ラジアント社
「深層土壌加温方式」で応援します!  

やぶ田フアーム
「自然農法」で、省力、高収穫実証栽培プロジェクトを支援します!
 

日本太陽光発電プランナー協会理事企業
ソーラーシェアリング農業」で参加します!










これはまさしく
現代版フクシマ二宮尊徳プロジェクト
(2015.05.06)

 福島県全体の課題として、農家が結束し、原発被曝の悲惨さに立ち向かい、自然と一体となった安全でおいしい農作物を栽培する農業への挑戦が不可欠です。これはまさしく、現代版フクシマ二宮尊徳プロジェクト」!

フクシマはもともと農業県
自然と一体となった安全でおいしい農作物を栽培する農業への回帰を!




福島県双葉・相馬地区に伝わる
御仕法づくりの農家風景
「福島県の町並みと歴史建築」から

右下は二宮尊徳、門弟富田高慶