日本版6シグマ
基本用語の定義

BST
Belhyud Solution Technology

 ベルヒュード国際経営研究所が、「Semi−Exact  Science」として体系化した「M5型問題解決技法」をベースにした「Work Out」と「M5型組織モデル論」をベースにした「People Out」の2つのプログラムからなる「日本版6シグマツール」

「M5型問題解決技法
 「W型問題解決フロー」をベースとしたアナログ情報処理技術を中心とした累積型問題解決技法

「M5型組織モデル論
 組織の進化のプロセスを「唯我独尊のM0型組織」、「タテマエを是とするM1型組織」、「好き嫌いがまかり通るM2型組織」、「羞恥心に支配されるM3型組織」、「使命感を持って生きるM4型組織」、「モノの道理を原則とするM5型組織」の6つにモデル化したもの

「W型問題解決フロー」
 「問題提起、現状把握、基本課題設定、最適解決策設定、リスク対策、実行マスタープラン作成、進捗管理」の各ラウンドを累積的にたどる問題解決手順
「Plan→Do→See」、「Define→Measure→Analysis→Improvement→Controle」等の問題解決サイクルが一般的である

Articulacy
 「W型問題解決フロー」の「問題提起,、現状把握、基本課題設定、最適解決策設定、リスク対策、実行マスタープラン作成、進捗管理」の各ラウンドにおいて、「何がどうなっている」、「何のために、何をどうする」を論理的、本質的に議論し、問題解決に向けて「具体的に行動すべき課題」を言葉で明確に表現できる能力
もともとは「句読点をつけて明確に表現する」という意味

「Work Out」プログラム
 製品やサービスに関わる経営方針の設定や意志決定、業務の効率化をよりよく行うための「M5型問題解決技法」をベースにした組織的問題解決力強化プログラム

「People Out」プログラム
 経営理念や方針を理解し、経営課題の解決力をより強化するための「M5型組織モデル論」をベースにした組織風土改革プログラム

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6シグマ基本目標
 経営トップが経営目標や経営課題として、「製品、商品、サービス」を効率的、安定的に提供するために、すべてのビジネス分野の社員に対して全社的かつ長期的な視点から出す、全体最適な改善目標と課題

2つのCOPQ
Cost Of Poor Quarit

@「製品、商品、サービス」のQCD上のトラブル発生による直接的損失、機会損失およびその後
  始末にかかる無駄な時間、コスト
A「製品、商品、サービス」を創造し、提供する業務遂行上の品質の低さによって発生する相対
  的な無駄なコストおよび機会損失。

基本業務
 企業が「製品、商品、サービス」を提供する上で、各部門が定常的に取り組む基本的業務
基本業務フロー
 各部門の基本的業務への標準的な取り組みのフローを明確にし、工程別に最適な業務のあり方を標準化したもの

VOC
(Voice Of Customer)

 効率的、安定的な「製品、商品、サービス」の提供に対する、顧客の側の本質的な顕在的、潜在的ニーズ、クレーム

CTQ
(Critical To Quality)

「製品、商品、サービス」を目標とする「QCD(Quality, Cost, Delivery)」で提供する上で、障害となっている本質的な「経営内部要因」

SSP
(Six Sigma Project)

「6シグマ基本方針」を実現するために設定した、各部門の「基本的業務」上の「QCD改善重点課題」

ボトルネック工程
「基本的業務」のフローにおいて、現時点で業務上のアウトプットの「QCD」をもっとも阻害している「制約工程」

S・SSP
(Sub・Six Sigma Project)

「QCD改善重点課題」を解決するために絞り込んだ「ボトルネック工程」における基本業務上の「QCD改善サブ課題」

サブS・SSP
「QCD改善サブ課題」を解決するために「VOC、CTQ」の視点から「すり合わせ」を行い、設定した一連の具体的な最適アプローチ策

状況分析:SA
(Situation Appraisal)

「6シグマ基本方針⇒SSP⇒S・SSP」のプロセスにおいて、それぞれの段階に応じて「VOC、CTQ」の視点から問題となっている「事実」を列挙し、その「事実」に基づいて「関心事:気になること、そのままにしておけない、なんとかしたいと思うこと」を絞り込んだ上で、「すり合わせ」を行い、具体的な「最適アプローチ策」を明確にし、「SUG評価」によって実行の優先順位を決定する手法


実行マスタープラン
「SSP、S・SSP」単位で、一連の「サブS・SSP」の実行の流れを手順化したもの

進捗管理
「実行マスタープラン」をもとに、一連の「サブS・SSP」を実行し、改善の成果をあげるために支援・指導をおこなうプロセス管理

基本業務の標準
改善の成果をもとに、ボトルネック工程の基本業務への取り組み方を「標準化」すること。


back