Beautiful Human Dynamism in Business





ベルヒュードとは!

Beautifu Human ynamism in Business」 から命名。「ベルヒュード:Belhyud」という造語には、「ビジネスの組織世界でダイナミックに生き生きと働く」という意味を込めています。
 
 1990年代に入って、日本経済は変曲点を迎え、 デフレ不況が深刻化する中、IT革命の到来とともに、グローバルなニューエコノミー時代に入りました。
 ここでは、これまでのオールドエコノミーのもとで確立された「戦略の立案や意志決定の仕方」、「現場の実行体制の作り方、管理の仕方」、「人材や組織の育成や評価の仕方」は、ことごとく無力化しています。
 
 1983年以来、異業種交流会としてスタートした「
ベルヒュード研究会」は、こうした時代認識のもと、組織自体が個々人の情報ややる気を重視し、生かすことができる武器が求められているとして、平易な「累積型アナログ情報処理技術」をベースにした問題解決技法「BSTプログラムelhyud olution echnology」」の実践研究に取り組んできました。


ジャックウエルチの「6シグマ」との出会い

 ベルヒュード研究会は、21世紀の活動の開始にあたり、ジャックウエルチの「6シグマ」との出会いがありました。「6シグマ」は、当時世界でもっとも評価の高いCEOと言われたGE社のジャック・ウエルチが提唱した「経営力革新」のための組織づくり運動です。
 
 ウエルチは、他社に抜きんで出た技術力をもとに、ナンバー1かナンバー2をめざすことができる事業に絞り込み、
「6シグマツール」を武器に、現場で働く人びとのやる気やアイデアや知恵を結集できる「明日のGEを背負って立つ、志気の高い組織づくり」をめざしました。

 ウエルチの「6シグマ」は100万回のオペレーションでミスはわずか3.4回というレベルをめざす経営主導の問題解決運動です。1980年代以降、米国企業は「
日本の精密機械や車や電子機器の品質は優れているが、もし我々がものづくりの分野だけでなく、ビジネスのあらゆる分野の業務分野において“Plan→Do→See”の問題解決管理サイクルを回すならば日本に勝てる」として、「6シグマ運動」に取り組むようになりました。
 
 ウエルチは「目標の設定とその達成に向けて」というスローガンのもとに、「6シグマ」の本質を全社員に正確に理解できるよう研修会を実施しました。この運動がもたらした利益は、1998年で15億ドルを上回る金額に達したと言われています。


「日本版6シグマ」のオペレーションソフト
BSTプログラム」のバージョンアップへ!

 ベルヒュード研究会は、ジャックウエルチの「6シグマ」との出会いを機に、これまでの「BSTプログラム」を「日本版6シグマ」のオペレーションソフトへバージョアップすることとしました。
 2001年、「日本版6シグマ」の実践を支援する「
ベルヒュード国際経営研究所」、同時に「日本版6シグマ」のプロフェッショナルな人材を養成する「ベルヒュードアカデミー」を設立し、日本版6シグマ普及活動を開始し、今日に至っています